シンプルライフの日常

シンプルライフ実現に向けて日々精進しております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
事象
 食洗機を使うのが夜1回程度で生かせていない。
 あふれた食器は手洗いになりストレス

その結果…
 →食事後の後片付けが30分もかかってクタクタ&不機嫌

ボトルネック(事象が発生する一番の要因)
 朝の食器洗いに食洗機を使うことに「もったいない」と感じる。
 そのため夜まとめて洗うが、量が多すぎてあふれた分は手洗い。 

 軽い食器用の8分コースがあるが、購入当時に使ってみたら
 お湯がぬるくて洗剤が溶け残っていて、以来使ってない…


+++++

解決法
なぜ洗剤が溶け残るかチェック
 原因1・お湯の温度が低い
 (8分コースのときだけ熱湯になっていないうちから稼動している)
  →手元のシンクで十分熱湯にしてから食洗機に流す

 原因2・洗剤(重曹)が溶けきるまで洗う時間がない
  →最初から重曹が溶けた状態の重曹沸騰水を使う

その結果…
 →8分のコースで洗剤の溶け残りもなく
  満足のいく仕上がり
  これなら朝食の軽い汚れの食器だけで洗おうと思える♪


コメント
「これだけの汚れに食洗機はもったいない」という精神から
ストレスを感じていましたw
(じゃあ手洗いすれば?というツッコミはなしで)

毎日のことだから、作業量も少なく・罪悪感も少なくやっていければベストですね
スポンサーサイト

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.04.30 02:54  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.10.24 12:23  | # [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.02.01 16:34  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://rakraksimple.blog12.fc2.com/tb.php/102-7fbab06e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。