シンプルライフの日常

シンプルライフ実現に向けて日々精進しております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
家計簿のシステムを大幅に見直すと同時に、2006年の決算もやっていて、すっかり家計簿つけるのにハマっています。

さて、新システムでは

ショップポイント・オークションの売上げ

を【プチ収入】として加えることにしました。

※今までは、ポイント込みでショッピングしたら→実際に支払った金額を入力(全部ポイントなら0円)、転売前提で買い物をしたら→売った時点で差額を入力(1000円で買って700円で売ったら300円)と、非常~にややこしい事態になっていましたーー;


改めて今年度の【プチ収入】を計算してみると・・・

ポイント収入=5万円

オークション(仕入れゼロ)=3万円

オークション(転売分)=3.5万円


計11.5万円もあるではないですかっ。

こりゃ~混乱するわけだな。。。


ちなみに、

ポイント収入・・・楽天や電気店などのショップポイント。
既に使用済み分のみです。ほとんどが楽天。ありがとう~♪

オークション(仕入れゼロ)・・・オークションで売ったものの中で、もらったものなど、自分で購入していないものを売った金額。つまり売上げ=純利益。

オークション(転売)・・・これは売ることを前提に買って、すぐに売ったもの。
もともと自分が欲しかったものなので、儲けるためではありませんよ^^;

しかし、だらだらと所有し続けて価値が下がることを思うと、ある程度なうちに売るのは正解かと★


その他、昔から持っていて最近売った不要品などは、微々たる金額なのでカウントしません。キリがないぐらいあるから(汗)

しかし、チリも積もれば山ですね。

【プチ収入】の欄を作ってよかった。ヤル気が出ます^^v
スポンサーサイト
2005年の家計簿も、特別費枠に当てはめて作り直してみたんですよ。

そしたら、意外や意外?
2005年も2006年も、使ったお金の額は同じくらいでした。

何となく、今年は節約した気分でいたのだが・・・
いや~ 自分の感覚なんてテキトーなもんですね^^;

分析が面白かったので、2007年の特別費予算を作ってみました。

帰省スケジュールもきっちり決めてみたり、
お祝いの予定がある分は入力してみたり。

ファッション費は、髪をいつ切るか?とか、
旅行・イベントに最適な時期はいつ?などなど。

私は今まで行き当たりばったり派で、
遊びの年間予定も立てたことがなかったのですが^^;

計画立てたら、もう実行できそうな気がしてきましたよ~♪
家計簿もシンプルに。」の記事で特別費枠を作ったと書きましたが、その枠がだんだん増えてきました。


★現在の特別費内訳
・親孝行費(帰省・家族への手土産・プレゼント代)
・旅行イベント費(一泊以上の旅行やイベントと定義しました)
・冠婚葬祭費(祝儀・香典など。包んだお金のみとする)
・医療・修理費(病気になったり何かを修理したとき用)
・大型買い物費(○万円以上の大きな買い物)
・ファッション費(服その他・クリーニング・ヘアカット代)


赤字の分が追加した枠です。

いずれも月平均というより、全く使わない月もあればドカンと使う月もある・・・という種類のものだったので。

あと、扱いに困っていたのがポイントで払った場合です。

例えば、ある電化製品のほとんどをポイントで支払い、
現金では500円しか払わなかった場合。

今までは、支払った500円のみつけていましたが、
本来はこの値段ではないので、今後の予算の参考にならないのです(> <)

そこで、ポイント込みで払った場合は本来の価格をつけ、
特別費の「ポイント」枠に「収入」としてポイント分をつけることにしました。
※つまり未使用のポイントは使われるまで収入にはなりません

これでスッキリしたな・・・と思ったけど、まだポイントで困るケースが。

電気店などで、○%ポイントがつくから・・・と額面上高い買い物をした場合です。

最近ではネットショップで検索して安い店が見つかるので、
あまり電気店で買わなくなりましたが・・・

これは額面上をつけるしかないなぁ。ま、いっか^^;
ちょうど1年前から、我が家の総資産管理を始めました。

「総資産管理」というとなんかスゴイけど、
どの口座にいくらあって、全部でいくら、というのを
エクセルで記録をつけているだけです^^

でも、これがすごく面白い!
グラフ化したりして、すっかりハマってます♪

今までは漠然としていたので、

貯めてるつもりで貯まってなかったのか、
貯まってないつもりが意外と貯まってたのか、

さえも覚えてないのですが(笑)、

1年前からは詳細までバッチリ残っています★

資産管理は夫担当、家計管理は私担当です。
(男性は大きなお金に強く、女性は細かいお金にうるさいと言いますよね!)

夫も巻き込むことで、我が家の家計はしっかり二輪で走っている感じ^^
夫も、いちいち言わなくても節約してくれますしね。

一昨年やその前の資産が、一体いくらだったのか今では不明ですが、
この総資産データをつけ始めてから貯蓄率がアップしたように思います。

ちなみに、我が家では15日と末日を総資産管理デーとしてデータを取っています。

月イチでも十分かもしれないけど、
夫婦でお金について話し合ういいタイミングでもあるので、
今後も月2回でいく予定。


こういうとき、口座管理ソフトは便利ですね★
(ネットで自動ログイン・残高照会できるソフト)

これがなければ、毎回銀行に通帳記入に行って、
それらをつき合わせてエクセルに入力しなければいけないところ。
想像するだけで続かない気が・・・^^;

そこまでではなくても、各銀行のサイトから
ログインIDとパスワードを入力して・・・ 面倒ですよね。

ソフトなら「残高照会」のボタンを1回クリックすればOK♪

我が家の口座管理ソフトは、ヤフオクでも使っている無料のMoneylookです。
どんなのか知りたい方は、本家サイトの紹介ページをどうぞ。

 →口座管理ソフトでATM不要
今まで、家計簿をつけ続けているのですが、少しずつ進化しています。

ステップ1.とりあえず全てつける

 本来はこうすべきなのだろうけど、
 毎回同じ金額を入力するのが面倒になった。

      ↓

ステップ2.固定費は除ける

 固定費(家賃・光熱費・新聞・通信費・保険など)は除外して、
 その分の予算も除外した。

      ↓

ステップ3.買ってからつける、から買う前につけるへ

 余り予定を考えずに消費していたけど、
 予算におさまるよう前もってつける習慣に。
 現在、3ヶ月先まで家計簿がついています(笑)


ステップ4.特別費の枠を作る

 ちょっとイベントや突発的なことがあると、
 すぐに毎月の予算をオーバーに(T T)

 赤字を目にするのは気分悪いので(笑)、

 自分がコントロールできるお金(ほしいもの≠必要なもの)
 自分がコントロールできないお金(旅行・イベント・医療費など) 

 に分けました。

 コントロールできないお金は特別費として別予算を組んでやりくりします。

★現在の特別費内訳
 ・親孝行費(帰省・家族への手土産・プレゼント代)
 ・旅行イベント費(旅行・イベント・・・そのままだ^^;)
 ・冠婚葬祭費(祝儀・香典など。包んだお金のみとする)
 ・医療・修理費(病気になったり何かを修理したとき用)


      ↓

ステップ5.アルバイト関連の出費はアルバイト代でまかなう

 アロマ関係のアルバイトを始めました。
 ランチ代や服代など、必要経費はこちらから出します。
 (「バイト代=収入」ではなくて「バイト代ー必要経費=収入」だから)

 また、バイト関連の本やグッズなど趣味のものも、
 この収入から「経費」として出します。

 こうすると、家計から自分の趣味のものにお金を使うのは・・・
 と罪悪感を感じて躊躇していたのが、心おきなく買えるので^▽^


+++

 こうすると、かなり自分が「やりくり」する範囲が絞られました。

 今までは通常の出費も特別費も全部一緒。

 「今月は上手にお金を使ったのに、旅行に行ったから結果はマイナス・・・」
 など、努力と結果がちぐはぐな家計簿だったのです(涙)
 
 バイトで役立つ知識をつけるために本がほしいと思っても、
 「既に予算オーバーだから再来月まで待たないと・・・」と欲求不満ぎみになります。

 こういう勉強は自己投資だから、待つのは意味がない★

 特別費は節約しようがない(あるいはしたくない)ものだし、
 バイト関連費も勉強のために出費したいものばかり。

 でもそれ以外の出費については、ケチケチでいきます!
 家計簿をシンプルにしたらヤル気出てきたゾ~^o^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。